社 名
一般社団法人 CDAA (シーダー)
Comprehensive Data Analysis and Archives
本 社
〒730-0013 広島市中区八丁堀6番7号
TEL: 082-224-3110 FAX: 082-224-3120
設 立
2010年6月1日
決算期
8月末
代表理事
片山 博昭
監 事

桧崎 晶子(税理士)



平成26年10月1日現在

設立主旨

私たちはこれまで厚生労働省の第3次対がん総合戦略研究事業の一つである、「がん罹患・死亡動向の実態把握の研究」(祖父江班)で、それまで独自のがん登録を行ってきた各県の地域がん登録を標準化し、各県で登録されたがん情報の精度を向上させ真に比較検討できるような体制づくりを行ってきました。
その中で大きなものは届出票の標準化、それを処理する標準化されたがん登録システム(以下標準DBS)の構築でした。
結果として、47都道府県中44都道府県が標準DBSを使用することになりましたが、全国がん登録が2016年から始まったことにより、標準DBSの開発・保守を取りやめることとなりました。

しかしながら、標準DBSの開発・保守により培ってきた私たちの技術力は主とする疫学調査分やのみならず、それらの資料を電子化、データベース化するアーカイブズにおいても求められており、現在では、東京電力福島原子力発電所での事故の際に働かれた緊急作業者の疫学調査システムの構築、運用、原爆被災資料等のデジタルデータベースの作成に取り組むようになりました。
そのため、法人名を「がん統計センター」から「CDAA」に変更致しましました。